アルプスの少女じゃないけどハイジ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 信じ、願い、祈る人。が知る事。

<<   作成日時 : 2014/12/26 03:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


東京に来てから何度かの引っ越しを経験しましたが、今まで住んだ部屋はいつも公園沿いや川沿いの物件を選んできました。田舎出身の自分は、窓から緑というか自然を感じる開けた景色がが見えないと気を落ち着けられないんでそうしてます。
で、今の住まいも横を小さな川が流れていて、その川を挟んだ向かい側には小さな公園があります。
小さな公園といっても、イメージは様々だと想うんすけど、道路に2面接した角地で、公園内のそのほんと角にはベンチと桜の木があって、誰かが枝に灰皿用の空き缶を括り付けていて、対角の奥の角にはもっこりとした高度2メートルくらいかな?緩やかな山?とにかくもこっりがあって、あとは滑り台とジャングルジムが合体したみたいな遊具が一個、その脇に動物の形の揺れる椅子が二つと砂場と水飲み場があって、子供がサッカーして遊ぶくらいの広場があるっていう・・盆踊りのお祭りをやるにはちょうど良い広さな公園なんすけど、そのど真ん中に大きな欅の木と、傍らによく公園にあるベンチが二つあるんです。
よく僕は深夜にそのベンチで座って、夏は涼んだり、あと誰かと電話で話したり、部屋で仕事してるときとかは息抜きに一服しにいったりしていました。
「していました」って、過去形なのは、今年の夏に「ある出来事」があり状況が変わったからなんです。ん?状況はなんも変わってなくて、心境だけが変わったのかな?・・ってかその話を書くんで、聞いてほしんすけど・・。
今年の夏、やっぱりその日は暑くて、で、遊び出かけるのに友達が車で迎えにくるっていう時で、じゃあ、公園のベンチで座って待ってるわって言って、深夜0時くらいかな?ベンチで寝転がって欅の葉の隙間から月なんざ見上げてタバコ吸ってたのですが、まあ、それまでも、良く通りがかりのチャリ警官に声かけられたりすることはあったんすけど、その日はおっさんに声をかけられたんです。夜はまあまあ暗いですし、相当近くに来ないと顔は見えないから、いきなり声かけられて、めちゃくちゃびっくりしたすけど、「兄ちゃん、勇気あるな。・・俺にもタバコ一本くれや」って。
おっさんは、まあなんつうか、ブルーシートハウスで生活してそうなどす黒い肌と、素肌にアーミー調のMA-1ジャケット羽織ってて、裾の短いスラックスに便所スリッパつっかけて、歯なんか見える限りは3本くらいしかないっつうなかなかのパンチだたんで、「わあ、なかなかなのに声かけられちゃったなあ」って想いながら、僕も話の種だなってタバコを差し出したんで、友達が車で来るまでの20分くらいかな、話をしたんです。なかなかチャレンジャーでしょ?つうのも喧嘩売られてるわけでもないのに、なんの勇気よ?って気になるじゃないですか。
で、僕が勇気あるって言われた理由なんですけど、昔このベンチからその欅の木の枝で首をつって死んだ女が居たんだっていうんです。
・・・・・・、なかなかなインパクトですよね?
「え〜?嫌だ、聞きたくない」って言ってる僕を無視して、まるで何かの手柄を自慢するかのように、おっさん、自分が第一発見者として通報した時のこと話してきたんです。
「人間ってあんな首がぐで〜んって伸びるんだな」「7年前かな」「もう、まさしく兄ちゃんがいるそこにぶら〜んってさ」「兄ちゃん、よそモンだろ?知ってる奴は夜中そこに一人で座ってねえわ」
僕のアメスピ吹かしながら、おっちやん話し続けますよ。
で、友達が迎えに来て、アメスピの残り渡して「またな」つって別れて、友達の車の助手席に乗り込んだんですけど、それまで精一杯平常心気取ってたけど、むっちゃ怖いんです。つか、まずさっきのおっちゃっんすら幽霊なんじゃねえかって考えちゃうし、7年前っていうと僕がまだ引っ越して来る前だからまあ知らなくて当然の話だし、嘘かも知れないけど、こちとら一応作家なもんで、むっちゃ想像しちゃうんです。
もしかしたら、死んだ女が僕の住む部屋に僕が引っ越してくる前に住んでて、僕は導かれてあのベンチによく座ってたんじゃねえか?とか一本物語作れるくらいの想像広がってしまうんです。
それから、夜あの公園ランニングとかで通る度になんか肩重い気がするし、つか肩こり酷くなった気がするし、電話してても公園通ると電波急に悪くなって雑音きこえる事が多い気がするし、OiなPUNKS御用達のお気に入りのMA-1ジャケットが似合わなくなった気がするし・・・。
でも、本当の事は何も解らないんですよね。
いや、実は調べれる限りNETとかかで、この公園での事故とかについて調べたりしたんですけど、全く何も見つからなかったんです。
おっさんに話聞くまでは、何もなかったのに、首つりの話を聞いてから、本当かどうかも解らないのに、僕はあの公園が怖くなったんです。
じゃあ、今までの俺はなんだったんで思っちゃいますよね。
知らない自分のほうが強かったし、単純に平和だった・・。
僕、20歳の頃より最高で20キロ太ってた時期あって、今はそれよりは10キロくらい体重減ったんですけど、知り合った時期とか、会わなかった期間によって、人に「太ったね」とも「痩せたね」とも言われるんです。僕は僕でしかないのに、人の話で僕はどうとでも変わるというか、大きなリンゴと小さなスイカは一体どちらが大きいんだろ?みたいな・・・、違うか。
僕は僕でしかないし、僕が想ってる事も確かに僕の中にあります。
でも、僕が自分を他人に解ってもらう事は本当に難しいと実感しています。
僕の何を見たか、何を聞いたか、何を知ったかで、それが直接でも間接的でも、僕へのイメージは僕があの公園が急にめちゃ怖くなったみたく、どうとでも変化してしまいます。
人の心は見えないから。
それでも僕は人の心を感じたいし、繋がりたいし、信じ続けたいです。
今日も、野良猫に餌をあげに行って、僕に気づいて花壇から飛び出してなついてくれる猫達を撫でながら、言葉で伝えられない想いを、それが無駄でも、諦めずに繰り返したいと想ったし、言葉を寄せ集め、文章を折り重ね、物語が生まれたら、そこに込めた想いは距離も時間も超えて、意思と意義を含んで埋もれなければ良いなと考えてました。
こんな文章もきっと安らかな眠りには邪魔かもしれないから、ここにある気持ちももっと一言で伝えられたらって想いがあるから、僕はまだ書けると想ってます。

今年がもう少しで終わるね。
初詣は大吉が出るまでおみくじひきます。
今年は特別が沢山あったけど、来年は今年よりも良い年になるから、愉しみでしょうがない。

灰。。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
信じ、願い、祈る人。が知る事。 アルプスの少女じゃないけどハイジ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる