書いたところで・・・。~参加脚本家さらに追加発表!!!!!

ブログをまめに更新してます。
書くより読むのは楽だと想うし、
それどころか、楽しかったりしたらいいなって想うので、読めばいいじゃない。
僕、林灰二です。
好きなテレビ番組は、「アド街ック天国」と「旅猿」と「YOUは何しに日本へ?」です。
もしも、書く仕事を選んでなかったら、やりたい仕事は高速道路のパーキングエリアを作ったり企画する人か、東日本のパーキングエリアに置いてある東京ウォーカーが作ってるフリーペーパーHighwayWalkerの編集をする人になりたいです。
特技は、バイクです。ツーリングで沖縄以外は大概行きました。1日で下道で800キロ近く走った事も3回くらいあります。
つまり「旅」が好きなんです。
つっても海外とか一回も行った事無いです。まだ行きたいと想う場所が無いんです。
僕の旅は、全国のダムや動物園を回ったり、商店街の食べ歩きしたり、そんな感じの奴です。一人でいくことも多いです。初めてテントを持って、山奥で一人泊まった日に、初めて携帯でMIXIをやりました。
ええ、一人旅なんて、寂しい以外の何にもねえ。
高校の時から、やってることがあって、大好きな映画とか写真とか、小説とかでもそうだけど、そういうに出てきたロケーションの場所を探して、同じ場所に行って写真撮る。っていうの。
同じ景色に行った時は、あの作品の中に自分が入ったみたいで気分が良い。
僕は、北海道の函館市出身だから、地元で撮影された映画も沢山あって、高校の時からそういうことやってました。暗いですよね。でも、誘ってくれたら、一緒に行くよ。

次回公演「オムニバスofOiOivol4~our favorite movies~」

参加脚本家さらに追加発表です。
今回、映画監督の 兼重淳 さんに脚本提供頂きます。
今回の企画は、映画をテーマにした公演だし、やっぱり映画を撮ってる人にも参加して欲しくて、兼重さんにお願いしたところ、快く引き受けて下さいました。もうかなり男前の態度に涙が出そうで・・・出はしませんでした。今回の企画を面白がって下さって、凄く貴重な話しも沢山聞けて、本当今年1年に立ち向かうモチベーションを頂きました。どんな脚本を書いて頂けるのか、本当に愉しみだし、それをどう形にするか、凄く身が引き締まる想いで一杯です。本当に忙しい中で、大先輩がこうやって人肌脱いでいただけるというのは、もうなんとも有り難いし、僕も、全力でやるからには、自分の持てる力と想いをかけて作品を挑みたいと想います。
春の話しをしちゃうけど、もうこの公演の稽古を始める時には、桜も散り始めた頃になります。雪が降ったばかりだっていうのに、桜が散る話しをしてしまうよ。
兼重さん監督された「ちーちゃんは悠久の向こう」。凄く色々な想いを巡らせてしまう映画でストーリーも高校生の主人公達のキャストも皆良いんですが、山梨のとにか清々しい景色と桜が良いんです。この季節にチャンスがあるなら、あの夜桜の下で時間を過ごしたくなります。僕が、函館で撮影された森田芳光監督の「キッチン」を見て、物語を書く道を選んだ様に、きっと兼重さんが監督したこの映画を見て、自分の街をこんな風に切り取る大人が居るんだったら、そんな人が居る場所に自分も行ってみたいって考えた山梨の高校生が居るんじゃ無いのかなって考えてました。誘ってくれたら、桜見に山梨まで運転するよ。ロケ場所兼重さんに聞いてみるし・・・。


兼重淳~かねしげあつし~(映画監督)
日本映画学校(現・日本映画大学)1期卒業。活動は映画に留まらず、テレビドラマやミュージッククリップ等の演出も手がける。是枝裕和監督や橋口亮輔監督等からの信頼も厚く、助監督して映画制作に携わっている。自身の監督代表作には『ちーちゃんは悠久の向こう』(2008年公開。出演、仲里依紗・林遣都他)や『腐女子彼女。』(2009年公開)等がある。

「オムニバスofOiOivol4~our favorite movies~」WSオーディション情報⇨こちら
※また後日さらにさらに参加脚本家追加発表いたします。どうかお愉しみに!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0