書きます。~参加脚本家最終発表!!!!

子供の頃に、きっと小学生だったと想うけど、進化の過程の絵を見せられたときに自分が感じた疎外感を今でもはっきり覚えてる。
最初の絵は猿が四足歩行していて、それが何匹かの「猿」~「毛深くて彫りの深い極めて人」までの段階を経て、徐々に立ち上がって、皆同じ方向に歩いてるっていうおなじみの絵。あれ見せられて、「人間はこんな風に猿から進化しました」って言われたとき、小学生のポテンシャルでは考えられないくらいに、僕は本能のみで「そんなわけあるかいっ!」って切れ味するどくツッこみを決めた。でも、周りの友達や先生も皆が真面目な顔して頷いていた。僕はなんだかそれが恐かった。
そういう頷けない「答え」は生きてく中では結構沢山あった。頷けない「答え」を抱えれば抱える程に孤独になるし、それなりに辛いことではあるのだけど、頷けないもの同士が、その頷けなさの感覚を持ち寄って、共感しあって、そして孤独から抜け出す方法を僕は2つ見つけた。
それは「ロック」と「笑い」だった。
青春時代にはギターを弾けることと、ボケれることはいつでも等価値だった。
尾崎豊にはまることと、尾崎豊を絶対聞かないことは今思うと意外と同じ意味だったのかもしれないけど、僕が選んだのはブルーハーツとダウンタウンだった。
あれから随分時間が過ぎて、僕はギターを人前では弾くことはないし、たまにDJとかやったくらいににして、たいしたボケもせず若い女にエロい絡み方をしながら、結構真面目なお芝居を書いたりしてます。

次回公演「オムニバスofOiOivol4~our favorite movies~」

参加脚本家最後の一人の発表です。
今回、お笑い芸人の さらば青春の光 森田哲矢 さんに脚本提供頂きます。
今回は、特に演劇以外のジャンルで、なおかつ言葉や物語を扱う人の中で尊敬する人達に脚本をお願いしたくて、芸人の森田さんにお願いしました。
ここ数年で一番スゲーなあって想わされた年下の人です。
さらば青春の光のネタ見てると、本も凄いし、いちいち出て来る言葉が生っぽいし、なんか人生が隅々まで見える特殊な眼球をもった人なんじゃないかと想ってしまう。
たまたま森田さんがピンネタやってるのを見る機会があって、まず面白いし、それに演者としても上手いし、アイディアも凄いしで、ちょっと抜かれました、度肝。
僕はもともとイッセー尾形さんとこで初めて芝居の勉強をして、それからこういう人生が始まったのもあって、いつか自分に納得出来るときが来たら一人芝居をやりたいなっていう他人には恥ずかしくて言えない想いがどこかにあったのだけど、森田さんのせいで結構薄まりました、その想い。
僕はさらば青春の光のネタ好きだし、さらば青春の光のネタ好き人は好きだなって想います。きっと自分に近い頷けなさを持って、笑って振り払ってる人な気がするから。
今回この企画に参加頂けて上がってます、テンション。

森田哲矢~もりたてつや~(さらば青春の光)
2008年さらば青春の光を結成。コントを中心にTVや舞台で活動。コンビでは主にネタ作りを担当。精神的に追い込まれた人間の心情をシュールに描いたコントを多く発表。2012年キングオブコントでは準優勝。同年ABC上方お笑いグランプリ準優勝、等数多くの受賞歴がある。お笑い界以外からも広く人気と注目を集める。現在「さらば青春の光 ふぁいなる」(東京MX)が放送中。

業務連絡 WSオーディション応募者の方々へ

WS応募者の方々へ

昨日までに「オムニバスofOiOivol4」WSオーディションにご応募頂いた方々へ誠に有り難うございます。
ご応募頂いた方には必ず、応募メール受付確認の返信をしていますが、一部の応募者の方から、返信が確認出来ない旨の連絡をいただいています。
もしも、ご応募頂いて、確認メールの来ていない方がおりましたら大変お手数ですが、oiscale@gmail.comにもう一度その旨をメールいただきたくお願い申し上げます。
メール送信から24時間以内に返信が無い場合は、080-3592-3381(制作)までお電話頂きます様お願い致します。

※WS詳細についてのメールはこれから皆様にお送り致しますので、ご心配なさらずに今しばらくお待ち下さい。

書いたところで・・・。~参加脚本家さらに追加発表!!!!!

ブログをまめに更新してます。
書くより読むのは楽だと想うし、
それどころか、楽しかったりしたらいいなって想うので、読めばいいじゃない。
僕、林灰二です。
好きなテレビ番組は、「アド街ック天国」と「旅猿」と「YOUは何しに日本へ?」です。
もしも、書く仕事を選んでなかったら、やりたい仕事は高速道路のパーキングエリアを作ったり企画する人か、東日本のパーキングエリアに置いてある東京ウォーカーが作ってるフリーペーパーHighwayWalkerの編集をする人になりたいです。
特技は、バイクです。ツーリングで沖縄以外は大概行きました。1日で下道で800キロ近く走った事も3回くらいあります。
つまり「旅」が好きなんです。
つっても海外とか一回も行った事無いです。まだ行きたいと想う場所が無いんです。
僕の旅は、全国のダムや動物園を回ったり、商店街の食べ歩きしたり、そんな感じの奴です。一人でいくことも多いです。初めてテントを持って、山奥で一人泊まった日に、初めて携帯でMIXIをやりました。
ええ、一人旅なんて、寂しい以外の何にもねえ。
高校の時から、やってることがあって、大好きな映画とか写真とか、小説とかでもそうだけど、そういうに出てきたロケーションの場所を探して、同じ場所に行って写真撮る。っていうの。
同じ景色に行った時は、あの作品の中に自分が入ったみたいで気分が良い。
僕は、北海道の函館市出身だから、地元で撮影された映画も沢山あって、高校の時からそういうことやってました。暗いですよね。でも、誘ってくれたら、一緒に行くよ。

次回公演「オムニバスofOiOivol4~our favorite movies~」

参加脚本家さらに追加発表です。
今回、映画監督の 兼重淳 さんに脚本提供頂きます。
今回の企画は、映画をテーマにした公演だし、やっぱり映画を撮ってる人にも参加して欲しくて、兼重さんにお願いしたところ、快く引き受けて下さいました。もうかなり男前の態度に涙が出そうで・・・出はしませんでした。今回の企画を面白がって下さって、凄く貴重な話しも沢山聞けて、本当今年1年に立ち向かうモチベーションを頂きました。どんな脚本を書いて頂けるのか、本当に愉しみだし、それをどう形にするか、凄く身が引き締まる想いで一杯です。本当に忙しい中で、大先輩がこうやって人肌脱いでいただけるというのは、もうなんとも有り難いし、僕も、全力でやるからには、自分の持てる力と想いをかけて作品を挑みたいと想います。
春の話しをしちゃうけど、もうこの公演の稽古を始める時には、桜も散り始めた頃になります。雪が降ったばかりだっていうのに、桜が散る話しをしてしまうよ。
兼重さん監督された「ちーちゃんは悠久の向こう」。凄く色々な想いを巡らせてしまう映画でストーリーも高校生の主人公達のキャストも皆良いんですが、山梨のとにか清々しい景色と桜が良いんです。この季節にチャンスがあるなら、あの夜桜の下で時間を過ごしたくなります。僕が、函館で撮影された森田芳光監督の「キッチン」を見て、物語を書く道を選んだ様に、きっと兼重さんが監督したこの映画を見て、自分の街をこんな風に切り取る大人が居るんだったら、そんな人が居る場所に自分も行ってみたいって考えた山梨の高校生が居るんじゃ無いのかなって考えてました。誘ってくれたら、桜見に山梨まで運転するよ。ロケ場所兼重さんに聞いてみるし・・・。


兼重淳~かねしげあつし~(映画監督)
日本映画学校(現・日本映画大学)1期卒業。活動は映画に留まらず、テレビドラマやミュージッククリップ等の演出も手がける。是枝裕和監督や橋口亮輔監督等からの信頼も厚く、助監督して映画制作に携わっている。自身の監督代表作には『ちーちゃんは悠久の向こう』(2008年公開。出演、仲里依紗・林遣都他)や『腐女子彼女。』(2009年公開)等がある。

「オムニバスofOiOivol4~our favorite movies~」WSオーディション情報⇨こちら
※また後日さらにさらに参加脚本家追加発表いたします。どうかお愉しみに!!

書いてるのに!

音楽もそうですが、普段はあまり何の映画が好きだとか面白いとか言いたくないのですが、映画をテーマにした舞台をやるおかげで映画のことを堂々と書けるのがいいなって想いました。

去年見た映画で一番面白ったのは矢部さんと見に行ったポールトーマスアンダーソンの「ザ・マスター」でした。
なんか徹底してるなって随所に想ったし、凄い好きな画が沢山あった。
フィリップ・シーモア・ホフマン死んじゃいましたね。
ヘロインか。
あまり解らないけど「トレインスポッティング」のイメージしかないや。
ホフマンが注射打って、絨毯に吸い込まれてく姿は想像出来ないし、全然そんな人に見えなかった。
凄い真面目な人だったのかな。
初めて見たのは「ブギーナイツ」だったと想う。
もうその時点で大好きだった。
多分彼の出てる映画で見ていないのはないと想う。
何より太ってるのに良い。
太ってるのに良いっていうのが良い。
みんな結構ダメだって言うけど僕は「パンチドランクラブ」も凄い好きな映画で、あの時の悪い奴やるホフマン見て、ああもうずっとこの人好きだなって想った。
「マグノリア」の介護士の役も「フローレス」のゲイの役も太ってるのに良かった。
スパイクリーの「25時」で女子高生とトイレでキスするシーン何回も見たんだ。
「25時」も凄い大切な映画で、大好きな役者ばかりが出てた。
ラリークラークの「キッズ」に出てたロザリオ・ドーソンが凄いセクシーになってて、唇の厚い女の人はいいなって想った。
そのロザリオドーソンがダニーボイルの「トランス」でツルツルの裸になってた。
ダニーボイル、ザリオドーソンと付き合ってんだって。
ヘロインか。
ホフマンは太ってたのにな。
残念過ぎて、何をしていいのかわからない。
きっと何年経っても、2014年は僕にとって、フィリップ・シーモア・ホフマンが死んで、「笑っていいとも!」が終わった悲しい年として想い出してしまうな。

さあ、僕はオムニバスで何の映画をオマージュ作に選ぶでしょうか?
今に挙げた作品はもう使えないよな。
以外に「僕らの七日間戦争」とかどうかな?

なんかスゲー魅力の無い文章になってしまいましたが、脚本は頑張ります。

各作家がフェイヴァリット映画を挙げて書くオマージュ短編オムニバス公演。
「オムニバスofOiOivol4~our favorite movies~」WSオーディション情報⇨こちら

書いてるよ!~参加脚本家追加発表!!

このブログに文章をちゃんと寄稿するのは前回久しぶりだったんですけど、
なんか作品以外で自分が話したい事もどんどん無くなってしまい、
もう書くのやめますってなって、
そしたら、思った以上に「このブログを愉しみにしてたから残念です」って連絡を頂いて、
本当に会った事ない人とかからも。
それで嬉しかったんですけど。
また、こうやって書き始めても、こんなに思った以上になんの反響もないとはね。

現代のベートベンが本当は耳が聞こえてるつって、
あれ聞いて、本当のベートベンも本当は耳聞こえてたんじゃねえのかって考えてました。
耳が聞こえない事で音楽が売れたなら、
売ろうと想って、耳が聞こえないって言ったの大当たりだし、
そんなんで騙したとかなんとか言っても、
作品はリアルな訳でそんな重要な事かな?
プロレスが嘘だからつまらないって言う人が居るけど、
天龍の逆水平胸に打ち込まれてそれ言えるのかって想うしな。
叶姉妹だっていつからか、姉妹型ユニットって言って、血は繋がってませんけどねって堂々としてますしな。
皆大好きaikoだって、楽譜書けないから、鼻歌でメロディ伝えて、他の人に曲起こしてもらってるって聞いたけど。
現代のベートベンの企画書をテレビで見たけど、アレ書いてる時点で、曲はあの人のものだろうし、楽譜が書けない人が音楽を作って発表する形を構築してるってスゲーなと想うけど。
知り合いの映画監督で、脚本も絵コンテもカット割りも編集も自分ではやらない人いるけど、信頼出来るスタッフを集めて、コンセプトを説明しきるが自分の監督方法だって言切ってますし。
そこにあるものの価値は、今そこにある事だと想うから、どうやってそこに来たかなんてつまらない事だと想うんです。
もう手つかずの美人なんて絶対居ないですから・・・・本題です。

次回公演「オムニバスofOiOivol4~our favorite movies~」

参加脚本家追加発表です。
今回、漫画家の 鮪オーケストラ さんに脚本提供頂きます。
鮪さんは、もう僕にとって笑いの神様の一人です。
松本人志と吉田戦車と鮪オーケストラなんです。
「アーノルド坊やは人気者」と「ポリスアカデミー」と「少々生臭いお話」なんです。
僕、クラシック喫茶で、こないだ鮪さんのゲラ読んで、周りの空気無視して吹き出しまくって、
その場に現代のベートベンがいたら、クラシックの曲にこの笑い声かぶせるのは新しいな!って譜面に書きとめられたんじゃないかというくらい、場違いに大声あげて笑ってしまったんです。
笑う事は力だし、笑わせる事は愛なんだと想うんです。
大好きな漫画は数少ないですけど、僕は鮪さんの漫画が大好きなんです。
だから、今回参加頂けて嬉しいです。
鮪さんの書く物語に音楽をのせる事が愉しみでしょうがない。
企画書作って、誰かに頼まなきゃ。つって。
漫画家の書く演劇脚本!漫画で書く演劇脚本?
愉しみでしょうがない。

鮪オーケストラ~まぐろおーけすとら~(漫画家)
「形状記憶刑事サンマルチノ」(週刊少年サンデー増刊)にて漫画デビュー。グロテスクな描写とトリッキーかつ圧倒的破壊力あるギャグセンスを併せ持ちながら、巧みなストーリー展開により唯一無二な色味の漫画世界を生み出す。主にコミックビームにて作品を発表し、コアなファンを獲得。単行本「少々生臭いお話」( エンターブレイン刊)が発売中。他の代表作に『トニーの背骨はよく曲がる』『裏刑事ブルース』などがある。

「オムニバスofOiOivol4~our favorite movies~」WSオーディション情報⇨こちら
※また後日さらに参加脚本家追加発表いたします。どうかお愉しみに!!

書くよ!~our favorite movies~

次回公演『オムニバスofOiOivol4』WSオーディション情報を先日公開いたしましたが、何かと反響を頂いてます。
近日、残りの参加脚本家も順次発表して参りますので、よろしくお願い致します。

今回のオムニバス公演は、テーマを「favorite movie」とさせて頂きました。
各作家が特にお気に入りの映画を掲げ、それをテーマに執筆された短編作品の2プログラム上演公演。となります。
今までのように、場所をテーマにする事も考えましたし、時代や人物、音楽とかをテーマにする事も考えました。最後まで迷っていたのは「旅」というテーマだったりもしました。
でもならべく制限なく参加頂く作家の皆様に自由に書いてもらいたくて、今回の「favorite movie」というテーマにしました。

後にOi-SCALEのHPにも掲載すると想いますが、脚本提供を依頼する時に各作家の方達に送った文章があるので、先行してこのブログに載せます。

■今公演のテーマ「~our favorite movies」について/
 私達が、演劇という芸術を創作する中で、勿論数多くの先駆者達の演劇作品に多大な影響と刺激を受けてきたことは言うまで有りませんが、それと同じくらい映画作品にも、幼いときから心を感化される時代に生きてきました。
 そこで、今公演では、各作家に映画タイトルを一つ挙げていただき、それをテーマに掲げた短編作品を執筆して頂きたいと想います。
 大好きな映画、影響をうけた映画、大切な映画、自分のルーツといえる映画・・・・・。それをどう扱うは自由です。オマージュ作と銘打つのも良し、登場人物がストーリーの中で触れるのもよし、掲げた映画があったからこそ書く事になったと言える作品ならば、作品の中では、まったく触れないで、ただ空気や時代背景を背負っているだけでもいいかもしれないし、それすらあえて排除する方法もあるかもしれません。フェイバリット映画の舞台化ということではなく、あくまでその作品を踏まえた事で、新しく生まれた作品の発表となります。
 一つだけある条件は、チラシやパンフレットに作品タイトルの横にフェイバリット映画のタイトルとコメントを掲載させていただくことだけです。
 演劇作品を定義する上で、物語の力を新たに考え直すきっかけになる様な公演に今回取り組みたいと考えました。物語る事は、それを受け取る人間にとってどんな力があるのか。作家自身が受け手としてあった自分と向き合って創作されるような、心と意味のリレーが生まれる企画になればと想っています。
 また、観客が、本作を観た後にフェイバリット映画にも興味を持って鑑賞のきっかけになった時に、同じ映画を見たという作家との共通体験をもとに、自分と作家の距離を計りつつ、もう一度この公演を噛みしめ味わって頂けるような公演として楽しんで頂けたらと願っています。
 長々と書きましたが、どうか、ただただ、面白い作品を一発どかんとお願い致します!


皆さんにとって、フェイバリットな映画ってなんですか?
その映画の事を考ることは、きっとその時の自分の心の有り所を共に思い起こすような作業になりますよね。
僕も映画と笑いと格闘技が大好きで、何故だか今に至るという、まあ僕の時代にしちゃ珍しくないタイプですけど、好きな映画一本挙げるのって難しいですよね。
ブルーハーツのベスト盤を自分セレクトで作るのと一緒か、それ以上ですね。
一番繰り返し見た映画は間違いなくデビットフィンチャーの「セブン」なんですけど・・・。

映画の話しを人と話すのは凄く楽しいです。
新幹線に乗って、好きな映画の話しをしようもんならあっという間に博多だし、
修学旅行の夜に、好きな映画の話しに花が咲いたら、あっという間に起床時間です。
だから、きっとこの企画公演も楽しいに決まってます。
作家達もただただ面白い作品を書いてくれる筈ですし・・・。
よろしくお願いします。

WSオーディション詳細→http://alps-haiji.at.webry.info/201402/article_1.html

『武器と羽』公演情報

画像


駅前劇場も、もうずっとやってるので、大胆な使い方してみたいと想っています。
物事の確信なんて、いつも危うい者だから、何を信じたらいいのか、そういう気持ちが少し楽になったらいいと想っています。今年は、これで最後です。是非観に来て下さいね。

□タイトル Oi-SCALE本公演『武器と羽』脚本・演出、林灰ニ

□日時 10月23日(水)~28日(月)
□場所 下北沢駅前劇場http://stage.corich.jp/theater_detail.php?theater_id=29

「僕は嘘をついたのに、何故だかそれが真実へと姿を変える」

県境の河を見下ろす公園で起きた二件のカッターナイフ切り付け通り魔。
それぞれの被害者は、克明に犯人像を告げ、間もなく容疑者の男が検挙された。
しかし、事件の解決には至らなかった。
なぜなら、この物語に登場する人物達は全員が嘘をついていたから。


本作は、事件の真相を解き明かす事を目的とはしていない。
(嘘の)言葉によって膨らんだ世界をそのまま形にした時に、そこに大勢の役者が存在し、童話のような物語が生まれただけなのだ。

劇団結成十年を経て、新たな境地へと踏み出す第一弾となる本作品は、Oi-SCALE作品が常に描いてきた人が心の奥底に抱える乾いた痛みに焦点をあてた骨太なスートリー展開を今まで以上に掘り下げながら、演劇作品、また劇場公演が持つ概念に捕われず、音と光、言葉と物語を総合的に演出し、客席を覆う表現創作を発表します。実際に起きた(後に被害者の狂言であることがわかった)連続通り魔事件をベースに、そこにあるアイディアを付け加えた事を起点に、「真実」と「信じる事」の関係についてを描きます。

□CAST
山下純/政井卓実/中尾至雄/油井原成美/肥後あかね/都築衣織/大林小夏
浅賀誠大/澤井裕太/片倉裕介/横尾宏美/大谷由梨佳/近松くるみ/
川元文太(ダブルブッキング)⇨link 
池上幸平⇨link
林灰二


□チケット
2013年9月14日(土)発売開始予定
前売3500円 当日3800円
☆28日15時~の回 平日マチネ割引 前売3200円
★27日18時半~の回 終演後、林灰二+ゲストによるトークライブあり。


こりっち公演情報
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=38262
劇団HP
http://www.oi-scale.com/index2_if.html

脚本・演出 林灰二
照明 千田実(chidaoffice)

音響 游也(stray sound)

映像・タイトルロゴ・Web 野村岳・空が飛べると想ってみる。


小道具 中島香奈子・當間英之
舞台監督 長堀博士(楽園王)

楽曲提供 中島伸一(GOAT EATS POEM)

記録映像 粕谷晃司(かすや舞台記録) 

宣伝写真、デザイン、選曲 P‘s family

協力 ホリプロコム 有限会社アノレ 松田大祐 スペーステン 清水慎太郎 星耕介 
制作協力 中村太陽(9States) 制作 Oi-crewHatrs