アクセスカウンタ

アルプスの少女じゃないけどハイジ。

プロフィール

ブログ名
アルプスの少女じゃないけどハイジ。
ブログ紹介
Oi-SCALEオフィシャルBLOG。
林灰二の、自己愛に満ちあふれた戯言文です。

☆演出助手、制作(座付き、当日)募集しています。
(01-5@oi-scale.comまで)

【08】→★シアターガイド3月号「シモキタ式近代戯曲講座」執筆。★3月吉本神保町花月公演「LOVIN'YOU」演出。★4月Oi-SCALE+灰Spec(s)「茶毒蛾無呼吸引金」こまばアゴラ劇場★6月吉本神保町花月公演「ZOO」脚本★8月TheRestOfStormingParty3@BarHENTY/DJ灰二AREA★9月スロウライダー公演「トカゲを釣るー改」@シアターTOPS出演。★10月道の手帖「小林多喜二と蟹工船」河出書房エッセイ寄★★12月OiSCALE+Hi-SPEC(S)「痛みのない傷」@明石スタジオ
【09】→★松田弦アルバム「GENIUS」6曲目「最後の日の物語」PV詩提供★Oi-SCALE本公演「AtoP」4月2〜5日三茶シアタートラム★9ーStates「サヨナラマニア」原作提供★★Oi-SCALE企画公演「カムパネルラ」10月sai sutadio komone★イエロー・ドロップス「い・江戸・ろ・サリヴァン・ショウ」脚色
【10】→3月★イエロードロップス公演/脚本★女道×××「渋谷編2」演出協力★★4月Oi-SCALE本公演「サイゴ」@座・高円寺1★岸建太朗監督「未来の記録」シナリオ協力★9月音と声と画脚本「KOKORO=」@CLUB Glad☆9月ダダルー公演「穴と房」@speace雑遊/出演
【11】☆★11月Oi-SCALE本公演「ブードゥー」@下北沢駅前劇場→4月★★Oi-SCALE+Hi-SPECS公演「同じ場所なのに、静かな時間。」★9月9ステイツ「モスキートーンは聞こえない」出演★10月映画「夢の力」(岸建太朗監督)出演/SKIPcityD国際映画祭★★12月Oi-SCALE企画公演「オムニバスofOiOivol3」
【12】★★4月空が飛べると想ってみる「エゴイズムエコロジー」脚本★9月9ステイツ「太陽と灰二」脚本提供★★Oi
-SCALE+空が飛べると想ってみる「NERO/ネロ」
【13】☆★2月Oi-SCALE本公演「君と世界と僕」@下北沢駅前劇場☆★10月Oi-SCALE本公演「武器と羽」@下北沢駅前劇場★映画「キキチガイ」原作協力
【14】☆★5月Oi-SCALE企画公演「オムニバスofOiOivol4」☆★12月Oi-SCALE本公演「フタリニミエタ」
zoom RSS

焚き火のススメ

2018/11/25 11:25
画像
 数年前からすっかりキャンプが趣味になっている。田舎で暮らすのが嫌で故郷を飛び出してから、もう人生の半分を東京で暮らしているのに、歳をとるにつれて心を整える為の時間を求めて野山に出かけることが多くなった。秩父や丹沢や道志のキャンプ場に月に2〜3回は行くし、忙しい時でも近くの河原でデイキャンプをする。アウトドアショップを見つけたら立ち寄ってキャンプグッズを品定めしながら次に野山に行くときのことを考えて心を踊らせる。移動中はスマホで動画サイトのキャンプ関連の投稿動画を観て過ごすのが楽しい。この歳にして正真正銘の「趣味」を僕は手にした。
 キャンプが趣味だと言えば「何が楽しいの?」と聞かれることが多い。答えは沢山あるけれど僕の場合「焚火が楽しい」と即答する。薪を集め、焚火台を広げ野に腰を下ろす。小さな火種を手間をかけて大きな炎になるまで慎重に育てていく。慣れるまでは簡単な作業ではなかった。炎はその労を労ってくれる様に冷えた身体を温めてくれる。お湯を沸かし暖かい飲み物を作ることも出来るし、側に仲間が居るときは柔らかい光で表情を照らしてくれる。キャンプに行くと僕はいつも何時間も焚火の前に居座り炎が与えてくれる暖と光に身を委ねる。風を吸い込み燃えあがり波の様に揺れて姿を変え続ける炎は眺めていて飽きることがない。風の音が聞こえる。木の葉の揺れる音と川の水の流れと虫と鳥の声。薪の水分がしゅーっと蒸発するような音とたまにぱちぱちっと弾ける音もする。電気や様々なエネルギーを手に入れた現代人がもう随分昔に忘れてしまった感情をくすぐられた様な気持ちになって、人類が火を制することで文明を生む入り口に立ったことを皮膚から感じる。そしていつの間にか炎は特別な鏡となって、自分の心の奥の方にある悲しい記憶の物語だったりが映り込む。僕はそれを覗く様に観て、途中で終わって欲しくないから炎に新しい薪をくべる。そうして静かな時間を過ごす。マッチ売りの少女はもしも炎の中の幻影が消えて欲しくなかったら、すべてのマッチに火をつける前に落ち葉を集めて焚火をしたら良かったのに、・・ね。・・・・ね、って言ってもしょうがないですけど。

 街灯に群がる蛾のように、人もまた灯りに集まる習性がある生き物なんだと、僕は想う。勿論普段の生活の中に焚火や炎はないから、灯りとは部屋の中のTVだったり、街の中のコンビニだったり、夜の繁華街だったり、東京だったり、もしかしてアイドルだったりするのだと想う。気づくと用事や目的も持たずそれらに近づいてぼうっとしたり、ただうろうろとしたりしてることが僕もよくある。僕の創る作品が光を発してその灯りに皆んなが集えば良いとそんなおこがましいことは考えていない。今作「キャンパーズ シークレット」はキャンプ場に集まる仲間たちが焚火の炎を囲む様子が描かれる。彼らが灯りの中に観る物語を丁寧に整理をして伝えたいと考えている。そして、どうして人が灯りを求めるのかを少しでも伝えられたら良いと想っている。炎が消えて全てが灰になって消えてしまう前にすべてを書き留めて、貴方が眠気に負けて目を閉じてしまう前に逢いたい。そして世界が暗闇に覆われるよりも早くすべてを語り尽くせたら良い、そんな風に想っている。
 僕と一緒に焚火をしませんか?まずは「キャンパーズシークレッット」の中で待ち合せって事で・・・ひとつ、どうぞ、よろしくお願いします。


Oi-SCALE Haiji Hayashi

※僕のはじめてのキャンプは小学生の時で、参加していたバレーボールのスポーツ少年団のレクリエーションでのキャンプだった。忘れもしないその日の夜、テントの中で上級生に「パンクロックって知ってる?」ってウォークマンで聴かされたのがブルーハーツの曲だった。今想うとあの時からテントの中は僕にとってワクワクとする空間になったのかも知れない。次回は【テント泊のススメ】を・・・・書くかはわからんす。

2019年3月本公演「キャンパーズ シークレット」を始め、Oi-SCALE 2019年の活動での出演者募集の為にWSオーディションを開催します。興味のある方はこちらをご覧ください。→「WSオーディション開催




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Oi-SCALE本公演「キャンパーズ シークレット」

2018/10/05 05:32
Oi-SCALE本公演「キャンパーズ シークレット」
2019 3/18~24 サイスタジオコモネAスタジオ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Oi-SCALE[25984+]公演『囚人』脚本林灰二・主演村田充

2017/09/30 06:12
画像


Oi-SCALE[25984+] 主演 村田充 脚本 林灰二
『囚人』@駅前劇場・9月27日(水)〜10月2日(月)

◎25984+(村田充32×林灰二812 and you!!)
同じ歳の2人が企てた突発企画。
未だ嘗てないこと、今後二度とないこと、今しかないこと、そして、僕たちとあなただから出来ること。

STORY
“悲しい海”を見下ろす丘の上にひっそり立つ病院。
男は重い病を患い入院生活を静かに送っていた。
そこは街から遠く離れた場所なのに、度々訪問者があった。
皆、男の持つ“能力”を頼りにして来るのだった。
男には寿命の残り少ない者から漂う“匂い”を嗅ぎ分ける力があった。
死が近ければ近いほど“ある華の香”が強く漂うのだという。

自分の命がいつ尽きるのかを知りたがる者は少なくなかった。
男は“終わりの日”を伝えることが正しいとは想わなかったが、
知らされた者達は皆笑って男に礼を言った。

ある日、街中に“警報音”が響いた、・・・気がした。
丘からはいつもと変わらない風景が見えているのに、
男だけがその異変に気づき身を震わせた。
まるで海の向こうから恐ろしいものが近づいて来ている様だった。
街で暮らすすべての者からアノ華の匂いが強く漂っていた。
風がすべての者に死が近づいていることを男に知らせたのだった。

一体何が起こるというのか。
男が持つ能力は、想いもよらない恐怖と哀しみの結末を引き寄せた。

大きな謎が秘められた物語は雄弁な語り口で、観客の解釈欲を刺激し、
意識を感情の奥底に空いた穴の奥の暗い場所へ引きずり込む。
運命に抗う者たちの生きる姿を心に焼き付けてほしい。
この物語を終わらせられるのは、あなた自身でしかない。


cast
村田充
中尾至雄 都築衣織 澤井裕太 油井原成美 
浅野貴士 吉田雄也 土佐みきよ 久保田芳之 
吉本智美 伊藤慶徳 川越美結 藤岡由凪 
林灰二

◎タイムテーブル
9月 27日(水) 19:30
 28日(木) 19:30
 29日(金)15:00◉19:30
30日(土)15:00 19:30
10月 1日(日)14:00 18:30◉
2日(月)15:00◉
※◉の回ミニアフタートークイベント。
※開演30分前に開場、開演45分前に受付開始
※受付順の入場となります。(受付にて整理番号配布)

◎チケット
前売4000円/当日4500円
8月20日(日)10:00〜前売チケット発売開始

携帯からの予約はこちらをクリック!






メール oiscale_och@excite.co.jp
※メールでのチケット予約申込みの場合は、お名前・希望公演回日時・枚数をお伝えください。メール返信をもって、予約完了とさせていただきます

◎「囚人」PV第2弾。「あなたの好きな花?編」
https://youtu.be/gruCEOx1wcY

◎問合せ先 Oi-SCALE制作部・Oi-crewHarts 
電話080-3592-3381 MAIL oiscale_och@excite.co.jp
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オムニバスofOiOivol6「オカルト」終演したからっ!!

2016/09/08 00:49
オムニバスofOiOivol6「オカルト」

無事大きな事故もなく(澤井さんが途中運搬車運転中じいさんにぶつかられたくらい)全公演終演いたしました。
公演関係者、お力添えいただいた方々、そしてご来場いただいたお客様、有難うございました。

Aプログラム

「オープニング・怪談」
小屋入りしてから作りました。
上から落ちてくる人形は二話目の怪談(一話目の繰り返し)を話していた田村に作ってもらいました。
一話目の怪談は話していた山口の話をそのまま採用しました。
会場に流れていた声は岸野さんの声です。
人形が落ちてくる前の澤井さんが話していた怪談は、
小屋入り前の夜に、「後ろから女の声が聞こえる」と「上から女が落ちてくる」というお題で僕が無理やり作りました。
でもやっぱりこういうの作るって楽しかったです。
最後に幽霊役やってくれた雲平くんには本当感謝です。急なお願いに対応してもらいました。

「ボクノアト」
味わい堂々の岸野さんは前回に引き続きの作演をお願いさせていただきました。
何と言っても、この座組が一番仲が良いなあって印象でした。
岸野さんの作品は女性の描き方が素敵だし、男性は三枚目ですよね。
岸野さんは役者の活かし方とか、精神面的にもコントロールが上手いと想うし、
岸野さん自体ユモーアも通じて、作演としても頼れる存在感があって、
人柄が好きだから一緒に仕事したい仲間なんです。

「風立ちぬ」
雲平くんには昔から客演してもらったり、10数年の友人です。
ロリータ男爵は僕が上京して初めて観劇した小劇場の劇団です。
その田辺さんに脚本を書いてもらえて、すごく感慨深かったです。
馬鹿げた壮大な世界観は相変わらずだけど、シナリオの構造はやっぱり流石だなって想いました。
全ステージが終演後、駅前劇場の事務室で流れていたラジオで、
ちょうど27クラブの話題に触れていてニルヴァーナーの曲が流れてて、
あとお茶のCMで風立ちぬが流れてたり、胸が熱くなります。
雲平くんの演出家人生の始まりに立ち会えて貴重だと思っています。

「増殖」
長堀さんとは今回でもう4度目で、僕は正直今回が一番好きでした。
長堀さんはどんなにクセのある役者でも上手に舞台上に立たせる実力があって、やっぱりプロだなあって想います。
爪から体内に侵入する虫が手を叩くたびに増殖する。その名も「ビスケット」。
アイディアが秀逸ですよね。
これからも本当に宜しくお願いします、という感じです。

「KV-201XR」
江口さんの原作漫画は3ページ弱の短い作品でした。
この原作で僕が感じたことをいかに芝居にするか本当に悩みました。
口数少ない親父のキャラクターを活かしたいし、親父から少女ロボに対する内面を描きたいしだったんで、
息子から父親の関係性を足して構成しました。
また雲平くんに活躍してもらった電気店での遊びのシーンとかも楽しかったです。
我慢の芝居に役者はよく挑んでくれたと思います。

Bプログラム

「オープニング・月のウサギの化け物」
実はBプロの初日だけはこの演目間に合わなくてやってないんです。
初日来てくれた人たちゴメンなさい。
ザ、ホラー映画みたいなシーン遊んで作った感じです。
ウサギの化け物の中身はAプロの澤井さんでした。
Aプロのオチとかぶせて、やはり僕が化け物をサブミッションで倒すというのは、大谷のアイディアを採用しました。

「くるぐる使い」
オーケンさんの短編小説。許可が下りた時点でオムニバスでやる演目としてはもったいないくらいの原作ですよね。
本公演で90分の作品にしたいくらい。
この短時間の尺に、見事に纏めきったのはくれはさんの手腕ですよね。
くれはさんは僕の親友の村田充を介して知り合った演出家であり、
小説を具現化する技術に本当に長けてるし、
くれはさんの創る作品には、くれはさんのやってきた仕事の糧がしっかりと息づいていて、
様々なジャンルの芝居を、様々な場所で、様々な役者と付き合ってきたからこそな作品を魅せてくれました。

「予感」
青山七恵さんが大好きで、僕が是非やらせて欲しいとお願いした作品です。
脚本にも演出にも一番時間をかけました。
都築と中尾と油井原の僕が信頼している三人を中心に創らないと出来なかったと想うし、
土佐が外部からそこに混ざって本当に助けてくれました。
自分がやりたい方法論と作品の持つ世界観を、
アイロンがけの様に何度も何度も繰り返し撫でて、言葉の響きを大切に作りました。
都築演じる主人公の女を最初から一歩も動かさずスポットの中に立たせたまま、
どんどん周りの場面がそれをすぎ去る様に構成して、
窓際に立つラストシーンだけ、女が前に歩む姿を見せました。
本を持った黒服のナレーターたちが、時には暗闇の影の様に、時には女の内面の様に、
そっと周りにいる様に本のめくり方ひとつの動きなんかにこだわりました。

「幽霊物件」
今回の企画の目玉になりうるお化け屋敷プロデューサーの五味さんの原案作品。
舞台上にストレートに母親の幽霊を登場させたかったです。
若い役者が多く出ていて、そういう意味でも一番苦労した作品です。
最初のシーンで、女が幽霊なことに気づいちゃった、って言われるけど、
気づかせてるんだよ!って思います。
怖がらせることと、笑わせることは原理はすごく似ているはずですよね。
だから、どちらも難しくて、どちらも楽しいですよね。
五味さんのお化け屋敷の僕は大ファンです。
これからも、刺激を受けに通うと思います。

「不特定多数」
特に言うことないですけど、・・・本当に何も言うことないや。
ゲネや場当たりがまともにできませんでした・・・。
でもちょっとずつ出演してくれた役者たちも、それぞれが活躍してくれて良い芝居でサポートしてくれました。
でもこの作品に出てる子たちからだけは、
公演後にメールとかもらってない気がするんで、きっと僕の独りよがりの作品だったかもしれないっす。
僕も僕にしかできないと想ってやりました。
脚本を2ステ目から販売して、用意していた50部が売れ切れました。ありがとうございます。

以上、ざっと今回の各作品を振り返りました。
ざっとですけど、振り返ったんで、もう次に進みます。
本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


オムニバスofOiOivol6オカルト チケット発売中!!

2016/07/03 12:28
6回目を迎えるオイスケール短編企画公演『オムニバス of OiOi』。
今回は『オカルト』をテーマにa/bの2プログラム。
今回も、演劇界内外から誰にも似ない才能を持った“物語の表現者”達が集結‼
それぞれの作家がお届けする恐怖+α⁉に震えて下さい‼

画像


オムニバスofOiOivol6〜オカルト〜

2016/08/30(火) 〜 2016/09/04(日)
下北沢駅前劇場

■タイムテーブル
8月30日(火)19:30 A
8月31日(水)15:30 B / 19:30 A
9月1日(木)15:30 A / 19:30 B
9月2日(金)15:30 B / 19:30 A
9月3日(土)15:30 A / 19:30 B
9月4日(日)15:30 B

■Aプログラム

『KV-201XR』
原作:江口寿史
漫画家/イラストレーター 1956年熊本県生まれ。
1977年「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。代表作「すすめ!!パイレーツ」「ストップ!!ひばりくん!」など。2015年、画業38周年の全仕事を網羅する画集『KING OF POP』(玄光社刊)発売。それにあわせキャリア初となる全国巡回の作品展「江口寿史展 KING OF POP」を北九州を皮切りに開催。現在は京都国際マンガミュージアムにて開催中。以後、熊本〜新潟と巡回予定。また、初の描画論集『5分スケッチのすすめ』(集英社新書)が近日発売予定。
Twitter https://twitter.com/Eguchinn
Facebook https://www.facebook.com/HisashiEguchi

『増殖』
脚本・演出:長堀博士(楽園王)
1991 年楽園王旗揚げ。古典戯曲や文学作品も多く手掛け、「戯曲=詩」の考えから「耳からの聞こえ」にこだわった 独特の語りと様式美を追求した作品を創作する。劇作家としては「エッシャーの絵の中に紛れ込んだよう」と評され、 外部劇団への書下ろしも多数。2007 年利賀演出家コンクールにて優秀演出家賞を受賞。 後進の俳優育成にも力を注いでいる。

『風立ちぬ』
脚本:田辺茂範(ロリータ男爵)
ロリータ男爵主宰。95年、バカバカしいことを壮大に!をモットーに多摩美術大学でロリータ男爵を結成。オリジナルミュージカルとナンセンスなギャグでバカバカしくも壮大な世界観と人生観を提示する唯一無二の作風。オリジナリティ溢れる発想とエッジの効いたテンポ良い作品は映像でも高い評価を受けており、ドラマや映画、アニメの脚本も多数提供。
演出:足立雲平
桑沢デザイン研究所在学中に友人に誘われ、よく解らぬまま劇団「ロリータ男爵」に参加。デザインが本業だが、特異なルックスのためかMVやドラマなどにも出演。横町慶子 SOLO ACT 「かわうそ」(atラフォーレミュージアム原宿/声の出演:田口トモロヲ/音楽監督:菊地成孔)などの演出助手を経て、今回初演出に挑む。

『ボクノアト』
脚本・演出:岸野聡子(味わい堂々)
2007年劇団「味わい堂々」を旗揚げ。
劇団では作・演出をする傍ら役者としても活躍中。
神保町花月へ作品提供、TV神奈川のコーナーアニメ、テレビ東京の深夜アニメ『闇芝居三期』などの脚本を担当。外部での活動の幅も広がりつつある。

キャスト
澤井裕太 片倉裕介 吉田雄也 山口輝 足立雲平 林灰二
浅野貴士 植村せい 窪寺奈々瀬 越路隆之 住吉香保 田野友里恵 田村麻未
安藤紫緒(スターダス・21/Cooch)  池澤夏之介 杉村こずえ 中野貴啓 野宮有姫(企画団体シックスペース)

■Bプログラム

『くるぐる使い』
原作:大槻ケンヂ(筋肉少女帯・特撮)
1966年2月6日生まれ。1982年、ロックバンド「筋肉少年少女隊」結成。その後「筋肉少女帯」に改名。
インディーズで活動した後、1988年6月21日「筋肉少女帯」でメジャーデビュー。
バンド活動と共に、エッセイ、作詞、テレビ、ラジオ、映画等多方面で活躍中。
小説では「くるぐる使い」「のの子の復讐ジグジグ」で 2年連続「星雲賞」を受賞。
「グミ・チョコレート・パイン」等映画化作品も多数。
作詞家として、多数のシンガー、グループに歌詞提供。
ラジオDJとしては「オールナイトニッポン」のパーソナリティーを二回務める。
1999年「筋肉少女帯」を脱退後、「特撮」を結成。
2006年「筋肉少女帯」に復帰。「特撮」を含め現在も活動中。
さらに、「大槻ケンヂと絶望少女達」、「電車」他、多数のユニットや引き語りでもLIVE活動を行っている。

脚本・演出:松澤くれは(火遊び)
火遊び代表。早稲田大学在学中、ナンセンスとミステリの融合を作風とする「サイバー∴サイコロジック」を旗揚げ。芥川賞作家・中村文則の「掏摸[スリ]」、「殺人鬼フジコの衝動」(新垣里沙主演)等の舞台化を手掛け、その後、演劇ユニット<火遊び>を発足。PV・映画シナリオ・エッセー・ワークショップ講師など多方面で活動。

『幽霊物件』
原作:五味弘文(お化け屋敷プロデューサー)
お化け屋敷にストーリーとミッションの概念を持ち込み、入場者をストーリーに参加させる「恐怖」エンターテインメントを確立。東京ドームシティ アトラクションズなどの常設お化け屋敷に加え、全国各地の夏期限定お化け屋敷、リアル脱出ゲームとのコラボ企画など活動の場は多岐に渡る。2013年には小説『憑き歯〜密七号の家』を出版。

『予感』
原案:青山七恵(小説家)
1983年埼玉県生まれ。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2005年『窓の灯(あかり)』で第42回文藝賞を受賞しデビュー(「文」はヒゲ付き)。07年『ひとり日和(びより)』で第136回芥川賞、09年「かけら」で第35回川端賞を史上最年少受賞。著書多数。近著に『快楽』『めぐり糸』『繭』がある。

『不特定多数』
脚本・演出:林灰二(Oi-SCALE)
「僕がブルーハーツとダウンタウンを好きになった理由」にてオイスケール始動。音楽誌「ロックジェット」(シンコーミュージックMOOK)甲本ヒロト特集ではロングインタビューが掲載される。人気漫画家古谷実の問題作「ヒミズ」(@ラフォーレミュージアム原宿、出演/ 村田充、つぐみ、千原ジュニア、他)の舞台化など、少年期から変わらぬ痛みや渇きを抱く人間の骨太な物語を発表している。

キャスト
山下純 中尾至雄 都築衣織 大谷由梨佳 津田修平 油井原成美 林灰二
石田泰弘(チーム アルカディア) 北原州真 佐藤大治 冨樫舞 (演劇チーム渋谷ハチ公前) 土佐実季世(カントリーランドリー)  濱ア愛子 福田明香 松永有美花 村松美桜香 やないさき 大和愛里沙


■チケット
前売り3500円、当日3800円、両プログラムセット券4500円(前売り・劇団扱いのみ)


企画・総合演出 林灰二
照明 千田実(chidaoffice)
音響 久郷清
演出部 P’s family
映像・Web 野村岳・空が飛べると想ってみる。
宣伝デザイン NOMUNOMU・YOKOYOKO
舞台監督 長堀博士(楽園王)
楽曲提供 中島伸一(GOAT EATS POEM)
制作協力 中村太陽(9-States)
制作 Oi-SCALE
製作 Oi-crewHarts
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オムニバスofOiOivol6オカルト WSオーディション開催!!

2016/04/30 14:11
『オムニバスof OiOi vol.6 オカルト』
2016年8月30日(火)〜 9月4日(日) at.下北沢駅前劇場

映画・漫画・お笑いなど様々なジャンルから作家・演出家を招いての企画公演第6弾!毎回ひとつの共通テーマを設け、作り手たちのテイストの違いを楽しめる短編作品集。今回のテーマは「オカルト」。

今企画は毎回WSオーディションより多くのCASTに出演いただいています。今回も大切なきっかけを生む多くの新しい人材との出会いを求めています。

今回も外部より他に似ない才能を持つ魅力的な作家・演出陣に参加いただきます。
詳細は公式サイト等で順次発表いたしますのでご確認ください。
http://www.oi-scale.com

【WSオーディション募集要項】
□開催日時:2016年5月27日(金)、28日(土)
※いずれか1つ。すべて時間は18時半〜21時半。 
□場所:都内某所(応募者のみ、実施内容等とともにメール返信にてお伝えいたします。)
□参加費:2000円
□募集条件:芝居歴含む経歴、年齢不問。
□応募方法:5月25日(水)22時までに、以下@〜Iをご記入の上、oiscale@gmail.comまで、タイトル「WSオーディション参加希望」とし、ご自身の写真(写メ自分撮りでも構いません)を添付しメールにてご応募ください。ただし、募集定員に達した場合、日程別に募集〆切とさせていただきます。
@お名前(フリガナ)A生年月日、年齢B出身地Cお住まいの最寄駅Dあれば所属E参加可能日程F一番最近の出演作G今後の活動予定HメールアドレスI電話番号

新たな出会いを期待しております。
どうぞよろしくお願い致します。

http://www.oi-scale.com/index2_if.html

Oi-SCALE公式サイトで公演サイトオープンしました。
順次コンテンツ充実させていきますので宜しくお願いします。
来週から、脚本、原作提供者、演出参加者等、豪華客演陣も徐々に発表していきますので、宜しくお願い致します。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


Oi-SCALE本公演「リクレイムド ランド」

2015/10/26 10:26
画像


Oi-SCALE本公演

きらびやかに発展を遂げる未来の姿に想いを巡らし「夢の島」と名付けられた埋立地で、その無惨な事件は起きた。
14年の月日を超えて、誰もが真実から目を反らし続け、しかし、誰もが忘れられなかった。
取り返しの着かない事を、限りなく取り返す為に・・・
『リクレイムド ランド』
 脚本・演出 林灰二
2015年10月21日(水)〜 26日(月)/下北沢 駅前劇場

今作を創作するにあたり林灰二が先ず以て取りかかったのは、元少年Aの著書『絶歌』を読んだ周りの人々に「死刑制度に賛成か、反対か」についてを訪ね歩き、理由とあわせて映像に記録することだった。撮影はやがて、自分が会う者達、全てが対象となり、総勢100名を超える回答が得られた。結果は圧倒的に「賛成」と答えた者が多く、「反対」と答えた少数派の中に大多数の賛成派の心を覆す様な説得力のある理由を述べた者は皆無に近かったという。そして結果はどうあれ、林はこの作業の中である種の危機感を強く感じたという。それと向き合う事を発端にアイディアが練られた今作は、ある事柄に対し渦中に居る者と無関係な立場を取る者を結ぶ線であり光になれば良いと願いが込められた。無数の間接照明と暗闇のコンストラストを斬新な方法で魅せる美術セットの中で、描かれる挑発的なこの問題作から聞こえる警笛を聞き逃さないで欲しい。

CAST
山下純、中尾至雄、都築衣織、澤井裕太、片倉裕介、横尾宏美、大谷由梨佳、津田修平、油井原成美、
///比嘉哲也、酒井杏菜、市川賢太郎、
///越路隆之、窪寺奈々瀬、櫻田乃絵、八木麻衣子、上村愛、喜田光一、山口輝、吉田雄也、
///西内琢馬///林灰二


Time Table
10月21(水)20:00
22(木)19:30
23(金)14:30★/ 19:30
24(土)14:30 / 19:30
25(日)13:30
26(月)14:30
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前です。


Ticket
9月1日(火)10:00よりチケット発売
前売3700円、当日3800円
(★平日マチネ割引:23日(金)14:30開演の回。前売3200円)
【チケット取扱い】
WEB:http://www.oi-scale.com
電話:080-3592-3381※
メール:oiscale@gmail.com※
※お名前、電話番号、希望日時、枚数をお知らせください。
 折り返しこちらよりご連絡を差し上げ予約完了となります。




□情報
劇団HP内公式ページhttp://reclaimedland.tumblr.com
林灰二ブログhttp://alps-haiji.at.webry.info/
こりっち公演情報ページhttp://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=53138
オイスケールツイッター@oiscale_net
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

アルプスの少女じゃないけどハイジ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる